ドラマチックな恋愛映画~風立ちぬ~

風立ちぬ

この夏。私は感動的な恋愛映画に巡り逢えた喜びを噛み締めています。

それはスタジオジブリの最新作『風立ちぬ』。

この作品は決して零戦の物語ではなく、
夢のあるラブストーリーです。

美しいヒロイン・菜穂子と、真っすぐな心を持った主人公・二郎のドラマチックな出会いと別れ。

これほど心をかき乱される悲恋を描いたのは、
ジブリ作品では初めてではないかと思います。

私は何の自慢にもなりませんが、涙腺は強いです。

ですから人前では泣かないし、映画館で泣いたのは薬師丸ひろ子主演の『Wの悲劇』の一度だけです。

決して冷血動物とか人の痛みがわからないとか、そういうことではありません。

風立ちぬ。

普通の人なら8回は泣くと思います。

菜穂子の一途でけなげな愛。
二郎の恋人に対しての激しい情熱。

たまりません。

そして、もう一つの見どころは、主人公・二郎の仕事に懸ける熱い思いです。

やはり人間、夢を叶えるには、理想を実現するには、
ここまで無我夢中になって没頭しないと無理か。

そんな攻めの姿勢を再確認できた作品です。

自分の道を極めるという意欲が燃え上がる傑作です。

猛暑が続く真夏。心洗われる名作をぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">